総務課員のひとりごと

ラグジュアリーマイラー総務課員のひとりごとよろしくお願いします。

働き方改革って、家に早く帰ること?

最近の新聞でも話題になっている働き方改革

そもそもどんなことを意味しているんでしょうかね。

プレミアムフライデーも月末の金曜日に早く帰れって、どれだけの人たちが実行可能だったのか?

国が推奨していることなので、何かしら根拠があってやってそうに思いますが、普通の会社では月末の週末なんで大忙しな頃ですよね。

私もその時期に休ませてもらったこともありますが、そのためには相当準備をする必要があります。

特に、仕事の段取りをして自分が休んでも回りに迷惑を掛けないようにすること。

締め切りのある仕事は当然片付けておく、そして、なんかあっても資料を見たりしたら概要が分かるようにしておくこと。

最終的には何かあった場合には連絡をもらえるようにしておくのも大切です。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村



日本人の働き方は変わるのか? 安倍政権「働き方改革実現会議」を読む【電子書籍】[ 朝日新聞 ]​​
午後6時に強制退社 うちの会社の働き方改革【電子書籍】[ 朝日新聞 ]​​
労働衛生のしおり(平成29年度) 働き方改革実行計画のポイントを掲載​​
御社の働き方改革、ここが間違ってます!残業削減で伸びるすごい会社【電子書籍】[ 白河桃子 ]​​
誰が「働き方改革」を邪魔するのか [ 中村東吾 ]​​
ワーク・ライフ・バランスと働き方改革 [ 佐藤博樹 ]

【いい転職・悪い転職】「年収1000万円以下は男じゃない」転職で年収1/5になり、見えた景色とは〜その1〜(2ページ目)- 記事詳細|Infoseekニュース

今は転職するには、いい環境かもしれないですね。

ただ、全てが年収アップにつながるとは限らないです。

特に、今より年収が上がったとして、同じ仕事ぶりで給料が上がったとしたら、どういうことでしょうか?

それは前の仕事が安過ぎたか、今の仕事が自分の実力以上の給料を払っているかのどちらかです。

もし、自分の実力以上の給料をもらっているなら注意が必要です。

そのままの実力ではもう給料が上がるめどがないからです。

営業職なら実績・成果を出さないと高給を維持することが難しいでしょう。

事務仕事なら、リーダーシップを発揮するとか、効率改善や新しい仕事のやり方を導入することなど強みが必要です。

ポジション次第ですが、いずれも今までとは違う価値を提供しない限り、給料が増えることは難しくなります。

かつての日本企業(特に大手)は年齢給与の割合が高く、年齢を重ねるとそれなりに給料があがる仕組みがありました。(一部、公務員の方はこのような給与体系ともききます)


給料が上がるには、上がるなりの理由が必要です。

今までの仕事のやり方でいいのかなど見直していくことも大切です。


応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村



【いい転職・悪い転職】「年収1000万円以下は男じゃない」転職で年収1/5になり、見えた景色とは〜その1〜(2ページ目)- 記事詳細|Infoseekニュース

今や社会人の2人に1人が転職している時代。総務省労働力調査でも2016年の転職者数は306万人。7年ぶりに300万人台の大台に上がったとニュースになり、これからも転職人口は増加が予測される。そこでSuits WOMAN編集部では、いい転職をした女性と、悪い転職をした女性にお話を伺い、その差は何か…

3連休が終わったら、今年度のしめもあと2週間

みなさん、三連休はゆっくり過ごされましたか。

私は、単身赴任先から大阪の自宅に戻り、ゆっくりしていました。




3月は年度末ということで、仕事が押し迫ってきているのですが、このタイミングでの連休は、仕事を忘れさせてくれますね。

と言いつつ、もう2週間しかない年度末に向けてやらなければならなかったことが何だったのか、振り返らねければなりません。




毎年のことですが、今は労使交渉の時期ですので、その結果を受けて、賃金改定や就業規則の改定が待っています。

今は、事業所勤務ですので、決まった内容を所属の事業所(工場)に適用していくのが仕事になります。

そして、36協定を改定する時期です。

今年は、働き方改革が叫ばれている年でもあり、それを先取りしていくような内容に改定をされています。




決算時期でもあることから、各種費用処理も抜かりなくやらねばなりません。

今年は3月31日は金曜日となっており、決算までの日数もきわめて短いです。




管理職であれば、今年度を振り返り、翌年度の方針も考えなければなりませんね。

2017年度は世界経済が大きく変動する流れでしょうか。

それを受けて日本の経済はどう動くのか?

自分たちはその中で何をしないといけないのか。

総務部門が求められる役割はなんなのか。

今一度、原点に立ち返って考えを巡らせてみたいと思います。






応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村

経営環境が厳しい時に、総務部門の果たすべき役割は何か。


九州、熊本に来て1ヶ月が経ちました。

やっている仕事は総務、人事の仕事なんで、基本的に前やっていた内容と変わりません。
(「総務課員のひとりごと」ですが、今は総務部員です)

どちらかというと人事、労政畑の仕事の色が強いのですが、社会保険とか庶務的なことも
担当しているので、なんとかやれていると思います。
(周りから見るとちょっと物足りないかもしれませんが)

今度の会社は、結構メンツが揃っていて、ベテランの総合職が多く、頼りになります。
(私自身は、今の会社の制度を全く理解していないので、日々勉強中です)


自分の担当分野以外のことが、いままでの設計会社のルールから、製造会社のルールに
変わっていて、そこに戸惑いがあります。


今の会社では、短いスパンで、全般的に細かいデータを求められ、それを追い続けています。
ここが製造会社、特に半導体の後工程会社の特徴のようです。


製造会社は、生産工程としては最終段階であり、上流の開発工程や製造前工程の
影響を受け、スケジュール的にもかなり厳しさがあるというのが実感です。


円高の影響と日本製造業(特に電機メーカー)の衰退の影響をもろに受けている
半導体業界ですので、当初予定していたものが全く計画と違うってことが起きて
います。


それでも、工場内の人員、設備を正しくオペレーションしていくのが必要であり、
与えられた資源を有効に活用して、利益を上げていくことを求められています。


そんな中で、我々、総務部門が何が出来るのか、どう経営に貢献ができるのか。
厳しい状況であればこそ、その真価が問われている、そう思う今日このごろです。


やはり、やるべきことの第一は、仕事の見直しです。

 とことんまで、経費を削ぎ落としているのですが、今一度、本当にこれが必要か
 そういう目で、一つ一つの物事を検証していくことが必要です。

 特に、金額の大きいものは、今までのやり方が当たり前というケースが多いです。
 それをやめたらいくら削減できるのか。ゼロベースで考えることが必要です。

 また、単に止めるだけでなく、別の方法ややり方がないのか、お金が無いときだから
 こそ、知恵をだしていくことが必要です。


そして、やるべきことの第二は、コミュ二ケーションです。

 どうしても、景気が悪くなると、仕事も増えて、人も少なくなって、コミュニケーション
 が悪くなります。

 そういう時に、メンバーがちゃんと仕事ができるようにしていかないといけません。

 私自身、目先の忙しさに追われて、コミュニケーションが足りなくなることが多いのです
 が、やはり肝心なところで手を抜くと、後で痛い目に会います。

 特に、ミドルマネージャーは、上、横、下とのコミュニケーションの接着剤です。
 そういう役割を果たしていくことが求められています。

 仕事をうまく回していくためにも、関係者が部門の課題をビジブル化して、共有していく
 ことが大切です。

 仕事は決して一人でできるものではなく、チームでやるということを関係者が皆で確認を
 していくことを心がけたいと思います。


そして、やるべきことの第三は、自己研鑽です。

 結果はすぐには出ませんが、日々漫然と仕事に追われるばかりでなく、新しい知識、やり方、
 考え方を学んでいくことが必要です。

 過去の成功体験にあぐらをかいていては、次のチャンスに乗り遅れます。

 我々総務部門は少数となっても、常に精鋭でなければ経営に貢献しいくことはできません。

 私自身は、提案力の無さを感じています。

 問題の整理の仕方、まとめ方、提案の仕方を磨いて、少しでも経営に貢献をしていきたいと
 思っています。

 


応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村