総務課員のひとりごと

総務課員のひとりごとよろしくお願いします。

今週のお題「20歳」

20歳の頃、何をしていたか?

まだ大学2年生で、部活にも行かずに学生寮で、グダグダしていた時期でした。

この頃は、本当にモラトリアム時期で、何をしたいのか、できるのか、自分自身に自信もなくて、方向性を決められていない、そんな状態でした。



それでもこの時期にとても自分を鍛えられたのは、学生寮で、寮祭があり、自分達が中心になって運営して行くことに携われたことです。

今の時代には無いのでしょうが、12畳に4人部屋で、寝食を共にします。

全国から若者が集い、文系も理系もごちゃまぜで、学年も1年生から4年生までおり色々な価値観が混在しています。

その当時、寮はイデオロギーにまみれた人達が自治運営の中心にいて、正直、相性の合う奴もいれば、いけ好かない奴もいる、そんな寮でした。

そんな中で伝統の行事を2年生が中心になってやっていく。




このイベントのメインは、それぞれの階ごとに、大きな張りぼてを作って、それを担いで街を練り歩くことでした。




こいうことをやると人の性格が出るものです。

やたらリーダーシップを取ろうとする者、実際の実務を淡々とこなす影の功労者など。

最初はやらされ意識で、いやいややっていた者達も、階ごとに張りぼて作りを競うことによって、俄然やる気が出る。

自分達で企画して、自分達の納得を行くものを作る。



やってみて、やり切った時には、それはそれは楽しい体験でした。

寮から大洗までの夜間ハイク、それも楽しい思い出です。



応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村